大聖堂の周りは白い絨毯

96m - 街にはこの高さの建物が二つあり、これ以上の建物はありません。

国会議事堂、それと聖イシュトヴァーン大聖堂。

そして高さを表す96mはハンガリー建国896年の最後の二桁を表しています。

数年前までは大聖堂正面の広場は駐車場で、多くの車や観光バスが行き来していて騒がしかったです。

今はモザイク仕立ての広場にかわり車の乗り入れは禁止、観光客の少ない真冬の日中は学校帰りの子供達の賑やかな声が聞えます。

ここ数日、雪が降ったり止んだり落ち着かない天気が続き、道路や歩道がすっかり綺麗に雪かきされているのにここ大聖堂前の広場は全くの手付かず。

日曜日の静まり返った午後の広場は、夏の喧騒から解き放たれてひとときお休みをいれている大聖堂と静寂の時を共有しています。

そりで広場を横切る親子の時もゆっくりと流れ、ぼんやりと眺めているこちらの気持ちも安らぎます。

この記事のトラックバック

この記事のコメント一覧

proxy_the_cat | 2006/2/14 00:17

はじめまして。
TBありがとうございます。

ハンガリー、行ってみたいです。
写真を拝見していると雪景色も素敵ですが、
観光なら気候が温暖なときがよさそうですね(^_^;)。

Szagami(さがみ) | 2006/2/14 15:27

proxy_the_catさん:
ご訪問ありがとうございます。
そうですね・・・北陸や北海道からいらっしゃるのでしたら、ここの冬もさほど寒くは感じないでしょうが、やはり日本人からすると寒い・・ですね。

このブログ、冬から始めたので当たり前ですが、寒い画像ばかりでしたね。

コメント投稿欄

< はなさかじいさん? | トップに戻る |