ついに鳥インフルエンザ?

↑昨年10月、鳥インフルエンザの特集を掲載した雑誌の広告

鳥インフルエンザのニュースが世界を駆け巡っているので、ここハンガリーでも風説のためか鶏肉の消費量が落ちています。

と言うかアヒルや七面鳥、ガチョウなどの家禽類全てですが。

まあ食肉から感染された例が今までないとは言え、“鳥”インフルエンザ!致死率高い!と取りざたされては狂牛病=牛肉と同様に分が悪いですね・・・

それにハンガリー、7カ国と国境を接していますが、既に鳥インフルエンザ発生国、ウクライナ、クロアチア、ルーマニア、スロベニアと東側は全滅。データなんてなさそうな旧ユーゴのセルビア・モンテネグロは鳥インフルエンザがのこのこと侵入しても気が付かないだけで、イタリアまで飛び火しているところ見るとハンガリー発生のニュースは時間の問題とされていました。

それに昨日今日とドイツ、オーストリアでもとなると・・・

で、本日、ドナウ河に白鳥の死体が11羽とくればどういうことになるか:

ハンガリー北西部のドナウ河で白鳥の死体11羽が見つかる
ブダペスト2006年2月15日(MTI)

ブダペスト北部の町エステルゴム市のスポークスマンによると、消防隊と環境検査官によって11羽の白鳥の死体がハンガリー北西部のドナウ河の流氷から集められた。

更に多くの死体が見つかったが流氷に取り込まれていたために回収できなかった。

白鳥の死体はウィルス検査のため国立獣医学会に運ばれた。鳥インフルエンザ感染の有無は7-10日ほどかかるとのことである。

〜引用お終い

だけでは済まず、南部の町Nagybaracskaで発見された白鳥3羽からはH5系の鳥インフルエンザが検出され、今話題のH5N1であるか精密検査をするそうです。

まあなるべくしてなったというか、一応政府は前々から抗ウィルス製剤を備蓄していますし、鳥インフルエンザに対するワクチン開発に成功したと昨年政府発表がありましたので今のところ静観してますが・・・



↑Népszabadságからの写真

どうでもいいのですが、解剖する台って大理石なんですねぇ。

映画やテレビと印象が違う・・・

Blogランキングへ
ranking001.gif

この記事のトラックバック

鳥インフルエンザ・ウイルス拡大!イラン、オーストリア、ドイツ | One And Only | 2006/2/16 08:27

鳥インフルエンザが欧州や中東、アフィリカ大陸などに拡がっています。 2月14日、イラン国営通信によるとカスピ海沿岸バンダルアンザリの湿地帯で死んだ野生の白鳥から毒性の強いH5N1型の鳥インフルエンザ...

シンガポール それでもタミフルに期待 | しゃべるマーライオン | 2006/2/19 13:03

SARSが流行した時、何人もの犠牲者をだしたうえ、大事な収入源でもある旅行客の数も減ったシンガポール。鳥インフルエンザなどの感染症には政府もかなり神経質になっているようだ。鳥インフルエンザウイルスに感染...

ドイツでも鳥インフルエンザ | オランダニュース | 2006/2/19 18:24

ドイツ消費者保護・食糧・農業省は昨日、バルト海のリューゲン島で見つかった死んだ白...

鳥インフルエンザ西欧拡大 | 不夜城都市圏 | 2006/2/28 15:09

鳥インフルエンザ : オーストリアでも…西欧諸国に拡大 【ウィーン会川晴之】 オーストリア健康・食品安全庁は14日、オーストリア南部で見つかった野鳥の白鳥2羽から致死性の高い鳥インフルエンザH5N1型...

インフルエンザ | 専門用語? なんだこりゃ??? | 2007/1/7 09:35

インフルエンザそろそろ、そんな時期になりましたね。語源は英語。ウィルスによる発熱や頭痛などの全身症状を伴う流行性感冒。ちなみに、インフルエンスは、影響、感化、勢力、威力、信望の意味です。インフルエン...

この記事のコメント一覧

KNTY | 2006/2/16 08:31

はじめまして。
当地からの生の記事には敵いません。
TB有難うございました。
また進展がありましたら、情報お待ちしています。
当ブログ記事が事実と違っていましたら、ご指摘下さい。

ハンガリー娘 | 2006/2/16 17:56

ヨーナポト!
トラバ、光栄です。
このような有名の方から、トラバを頂けるとは・・・
鳥、卵、ガツガツ食べています。
日本政府よりも、ハンガリー政府のが、
あてになるのではないか?と思っていたりして。
スーパーで、買う人が減っているか確認しよっと。
また、遊びに来てもよろしいですか? \^o^/

Szagami(さがみ) | 2006/2/17 03:09

KNTYさん:
お越しいただきましてありがとうございます。
この11羽は鳥インフルエンザに感染していなかったとの発表が首相からありましたが、首相が説明するあたり、事の深刻さをご理解していただけるかと・・・

ハンガリー娘さん:
流氷の記事にTBしようとして鳥インフルエンザ物をつけてしまいました・・・縁起悪いニュースで済みませんでした。

私も家禽類、あまり気にせず食べてますが、ドイツとかでは凄く消費量が落ちているそうです。イタリアでは仕事がなくなった家禽類の運送屋さんが家族を殺して自殺するなど、所によってパニック気味です。

人間にアウトブレイクしたら、さすがにちと怖いです・・・

ハンガリー政府の方が当てになると思いますが、はいはい、外国人はハンガリー人の後に並んでなんて云われないようコネ作りに励まねば。

また遊びにいらしてくださいね。

ブログエイジ | 2006/2/18 03:27

ご登録のお誘い

http://www.blog-age.com
世代別のブログランキングサイトを開設しました。
ブログのテーマによるカテゴリー分けはありません。

数あるブログを世代別にランキングすることで、同世代に注目の話題や、共感できるブログを見つけやすいと思います。
また、異世代間交流の入り口としてもご利用いただけます。

まだ開設したばかりのランキングサイトですので、まだご登録サイトが少ないのが現状ですが、
逆にランキング上位になれる可能性も大きいと思われます。

ぜひともこの機会に、当ランキングサイトへのご登録ご検討をお願いいたします。

Kiasu | 2006/2/19 13:05

SARSの教訓からシンガポールでは鳥インフルエンザには早い段階から対策がこうじられてきているようです。TBさせていただきます。

Szagami(さがみ) | 2006/2/22 01:36

Kiasuさん:
TB、ありがとうございます。
SARSの恐怖を身近に感じたので今回の鳥インフルエンザに対してもシンガポール政府の真剣度が違うのでしょうね。ハンガリーもタミフルだけは充分に用意したようですが、もし人への感染が報告されたら分配の混乱がおきると思います。

コメント投稿欄

< キャビアの大量押収 | トップに戻る |