ヘレンド、出店ラッシュ?

ヘレンドといえばハンガリー陶磁器のナショナルブランド。

中国や日本ではかなり古い時代から磁器をつくっていて、ヨーロッパの王侯貴族たちにとって長い間憧れでありました。なぜかと言いますと、低い温度で焼き上げられた陶器を作る技術はヨーロッパにありましたが、硬質の磁器を作ることができません。

ですから、自分の領地でこの磁器を製造できたらと多くの王様たちが考えていましたが、失敗に次ぐ失敗。漸く、1710年にドイツのマイセンがヨーロッパで初めて磁器を焼き上げました。

それから約百年後、ハンガリーでヘレンドが誕生。19世紀、万博で数々の賞をかっさらい、その名声は不動の地位へ・・・

前置きが長くなったのでここらで主題を戻すと、ブダペストで4店舗目のヘレンド直営店が12月始めオペラハウス近くにオープンし、更に今週?(だと思う)街のど真ん中のヴァーツィ通りにも出店。

5番地区に3店舗も構えるとは、儲かってますねぇ。

最近は急増した中国人観光客がヘレンドの紙袋を持っているのをしょっちゅう見かけますし、コレクションの新発表の回転も速くなったみたい。

昨年だったか長らく濃紺の紙袋だったのがベージュにイメチェンしたし、他のハンガリー企業もこの積極的な営業を見習うべきですね。

12月にオープンしたヘレンド:Andrássy út 16 地下鉄M1-Opera下車
たぶん今週オープンしたヘレンド:Váci u. 19-21 タベルナ・ホテル正面

因みにニューオープンしたヴァーツィ通りの店の営業時間は10-19時、うれしい毎日営業です。

Blogランキングへ
ranking001.gif

< ついに鳥インフルエンザ? | トップに戻る |