廃墟からの脱出

このボロボロの建物、何だったと思います?

取りあえず建物の周りに囲いをして部外者が入れないようにはなっているけど、浮浪者が住み着きそうな雰囲気。

実際にこの建物脇の道路高架の下には3人の浮浪者の住処があるし。

これでもブダペストの大事な大事な観光資源なのですが、工事資金調達の問題など色々ありまして、数年間ほったらかしにされていました。

で、やっと最近工事が着工され始め、その無様な姿をさらけだしているのです。

日本人的感覚ですと、いっそ建物全て壊してから新しく立て直せばいいじゃないかと思うのですが、一応建物が文化遺産なのでそうもいかないご事情。

ここまで裸体をさらした建築物に文化遺産も何もないと思うのですが・・・

完璧に改築した後はお湯を張って温泉に。

そう、数年間閉鎖され続けていたラーツ温泉の改築工事現場の写真でした。

ドナウ河沿いのルダシュ温泉も昨年末改築工事が終わってオープンしたので、その勢いでラーツ温泉もちゃっちゃっと工事を終わらしてくださいね。

もう一度言いますが、温泉、大事な大事な観光資源なのですから。

この記事のトラックバック

この記事のコメント一覧

コメント投稿欄

< 流氷の記録その9 | トップに戻る |