H5型発見地域

鳥インフルエンザ関連、もう一つ忘れてました。

こちらのニュース:

新たに感染した鳥が7羽
2006年3月14日(Népszabadság)

新しく5つの場所で7羽の白鳥から鳥インフルエンザのH5型のウィルスが見つかった。既に33羽の感染した白鳥が確認されたNagybaracskaでも、更にウィルスに感染した3羽が見つかった。

国内で感染した野鳥が見つかった地域は以下の9ヶ所になる:
ナジバラチカNagybaracska、サーズハロムバッタSzázhalombatta、モハーチMohács、ドゥナフォルドヴァールDunaföldvár、サラトナクSzalatnak、ドゥナケスィDunakeszi、センテンドレSzentendre、 ドゥナセントベネディクDunaszentbenedek、スロバキアのBős地区に含まれるハンガリーの一地域

現在ハンガリーで確認された感染した野鳥は45羽に上っているが、家禽や人への感染は報告されておらず危険はない。

〜引用お終い(赤文字はブダペストに隣接している街、近い街)

パニックを起こすほど非常事態ではないけど、もしものことを考えて在洪邦人、旅行者の方々、発生時の行動シュミレーションを今から考えておきましょう。

Blogランキングへ
ranking001.gif

この記事のトラックバック

この記事のコメント一覧

ちゃんちゃ | 2006/3/24 16:35

そうなんですか・・・・・ばくばくといただいてましたけど、怖くなってきました。しばらくブタちゃんにお世話になるとします。沢山の情報をいつもありがとう。いつもみています。

Szagami(さがみ) | 2006/3/25 04:36

ちゃんちゃさん:
ちょっと怖がらせてしまったかもしれませんね・・・もしやばい状況になったとしてもスーパーや市場で売っている鶏よりも、田舎のおばちゃんとかが市場のブースで売っているような丸ごと一羽から問題が起こるでしょうね。因みに今、鶏唐揚げを食べたところです。

コメント投稿欄

< 鳥インフルエンザ・続報 | トップに戻る |