ドナウの洪水は去れども・・・

ブダペスト市内のドナウの水位は既に引き、水害にあった建物や道路の修復作業が続けられています。


ただでさえ、アスファルトのひび割れから入り込んだ水分によって穴だらけの道路が多いハンガリーですが、これだけ長い間水に浸ってしまっては全面改修しなければならないようです。

以前ここにも取り上げたナイロメーター、いつの間にか今年の大洪水の記録をご丁寧にも書き込んでありました。

恐らくいたずら書きでしょうが・・・

でももう一つの一級河川ティサの洪水は地方都市でまだまだ猛威を振るっています。

水位が上がるピークもまた先に延び、ソルノクの水位は10メートルを越えてまだ上昇しており、南部の国境都市のセゲドでも10メートルを突破。

ハンガリーにお住まいの方は今一度、局番なしの1749に電話をかけて下さい。

200フォリントが寄付として使われます。

コダーイを生んだケチケメートの街近郊でも・・・ディスコのトイレ。(Magyar Hírlapから写真転載)

Blogランキングにご協力を
ranking001.gif

この記事のトラックバック

この記事のコメント一覧

星の王子様 | 2006/4/22 07:25

日本でドナウ洪水のニュースが増えたら収束していましたか。日本では地震が頻発し伊豆で震度5強の地震の可能性が起きる可能性が言われています。
狸が新幹線をとめたり、岐阜中津川で中学生の女の子が殺害されたり、日本の社会不安定化しています。

Szagami(さがみ) | 2006/4/22 18:06

星の王子様さん:
ドナウの方は洪水騒ぎが収まりましたが、ハンガリー第二の大河、ティサは依然として水位が高いです。既に南部の町では今までの最高水位を記録しており、避難民の数もまだ増えているとのことです。観光客には馴染みのない地方が多いのでドナウの被害の方がクローズアップされているようです。

コメント投稿欄

< ワイン祭り、皆勤賞 | トップに戻る |