高級品激戦地?

一応、世界遺産に含まれているブダペスト市中のアンドラーシ大通り。

3本の地下鉄が交差するデアーク広場近くから英雄広場までまっすぐに延びる大通り。

そして、世界で3番目に開通した地下鉄がこの大通りに沿って走っています。

住み慣れてしまうと、なんでこの大通りが世界遺産に指定されるのか?疑問・・・

でもよく見れば19世紀末期に建築された荘厳な建物が多く連ね、各国大使館もここら辺に居を構えていますし。

以前からオペラハウス周辺ではそこそこいいお店がありましたが、ここ1年くらいで更なるグレード・アップのショッピング・スポットへ変貌を遂げる予感。

まずはハンガリーの代表選手、ヘレンドが今年出店

そのお隣は高級銀食器を扱うフランス選手、クリストフル。


更にオペラハウスを挟んでルイ・ヴィトンの直営店がつくられています。

そしてその正面にはイスラエル選手、イスラエルでは5つの指に入る宝石店カプリス。

センテンドレにもハンガリー最大のショールームを持っています。

知名度抜群のヴィトンの成否がハンガリーのブランド通りをつくる試金石となるような気が・・・

Blogランキングにご協力を
ranking001.gif

この記事のトラックバック

人気ブログランキング | 夢みるころを過ぎても | 2006/4/24 23:35

海外旅行が好きなので、いろいろ海外関係のブログを購読させてもらってます。今日、いつものローマの平日versione blogを読んで、人気ブログランキングへ投票のクリックをした後、なんとなく、そのヨーロッパの地...

この記事のコメント一覧

コメント投稿欄

< ドナウの洪水は去れども・・・ | トップに戻る |