運命ではなく

明るい話題に事欠かないイースターの休日とぶつかったために余りクローズアップされることがなったのですが、4月16日はハンガリーのユダヤ人のホロコーストが始まった日。

この日、パーヴァ通りのホロコースト博物館ではホロコーストで亡くなった人々の追悼式が行われました。(博物館の役割等、詳細はこちら

それに合わせていつもこの時期はテレビでホロコースト関連の映画が放映されます。

今年はノーベル文学賞を受賞したケルテース・イムレ原作、“運命ではなく”。(公式サイト・原題Sorstalanság)

映画が始まって30分ほど経っていましたが、劇場公開されている時に映画館で鑑賞していたので、細かい描写や台詞回しを楽しむことができました。

映画の内容を暴露するのは野暮なので日本で公開されたら必ずご覧になってくださいね。


↑ノーベル賞受賞後、本屋でサイン会を開くケルテース・イムレ
ひと押ししてBlogランキングにご協力を
ranking001.gif

この記事のトラックバック

この記事のコメント一覧

コメント投稿欄

< 乾いた春の空気に潤いを | トップに戻る |