ホームレス

ハンガリーの週刊英字新聞Budapest Sun、ちょっと気になった記事があったので一文。

あるワークグループによってホームレスについて行われた初めての全国的調査によると、ブダペストのホームレスの半分は収入があるとのこと。

で、聞き取り調査をした6700人のホームレスの約半分は“個人的理由”で家に住んでおらず、更に最終学歴が大卒の割合がブダペストは3パーセント(他の地域・セゲドでは1パーセント)もいるそうです。

物乞い ≠ ホームレス

ではないので、怪我を装って何年も血が滲んだような包帯を巻いて物乞いをしている者、物乞いを装らせて組織的に“収益”をあげている者達、を排除して救うべきホームレスを自立させる方法を政府が真剣に考えるべきかと。

数年前、メルマガに書いたことを読み直してみると、全然改善されていないと感じますね。


ひと押ししてBlogランキングにご協力を
ranking001.gif

この記事のトラックバック

この記事のコメント一覧

すりんぴ | 2006/5/26 20:24

東京都新宿区に住んでいたとき、図書館や区役所などの公共施設にホームレスがいっぱいいました。出入り無料だし空調効いててすごしやすいからなんでしょうが・・・。本を読みに行きたいけどホームレスが多いから図書館には行きたくないという状況でした。これでは図書館の機能を阻害しているということになり、かといって追い出すわけにもいかないし。税金払ってないから利用する権利はないはずなんですが、みなりだけみて追い出すわけにもいかず、税金支払い証明を提示させるなんてこともできないし・・・。なにか対策とられてるのかなぁ。

Szagami(さがみ) | 2006/5/27 18:11

すりんぴさん:
人権、権利といって変にリベラルぶるから本末転倒的なことが起こってしまいますよね。人権と権利は義務とセットだと言うことをもう一度思い起こせば、区の職員ももう少し違った態度を取れるのに。何だか世の中、平等すぎるのも面白みに欠けるし、窮屈。

すりんぴ | 2006/5/29 19:08

人権と権利は義務とセット・・・まさにそう!ですね。がんばってるひとにはがんばってる分だけごほうびが来て、病気とか怪我で本当に保障が必要な人にはきちんと。がいいですけど、今の日本は後者が削られつつある・・・いわば弱肉強食になりつつあるようですが、それでもアメリカなどよりは暮らしやすいんでしょうね。なんだかんだいって国民保険もあるし・・・。

Szagami(さがみ) | 2006/5/30 01:39

すりんぴさん:
現代人は原人時代から比べれば、知恵が付いて弱肉強食の世界から少しだけ離れて生活できるようになりましたが、経済活動より福祉が充実してしまうと上手くいかなくなる・・・失敗した社会主義のように。

コメント投稿欄

< 綿毛が浮遊 | トップに戻る |