ニューヨーク・カフェ、再オープン

ブダペストに住んでいてもたまにインフォメーションセンターなどを覗くのだが、観光客にとって情報満載の無料マガジン“Where”は必読。

今月号のトピックのひとつはニューヨーク・カフェ、5月1日にカフェが再オープンするとのことが書かれていました。


ホテルとして甦ったわけですが、お泊りになれるのはまだ先になる模様。

一足先にカフェ部門だけの再オープンのようです。

しかし夜に訪れたためか、屋内の明かりが強く感じてしまいました。

改修工事が始まる前までは共産時代に揉みくちゃにされたためか、旧体制的なサービスと室内の薄暗さが相まってなんともいえぬ雰囲気があったのですが。(殆ど観光客だけになって居心地が悪かった・・・)

でも当時の内装をそのままに現代にマッチした設備を持つホテルとして生まれ変わるニューヨーク・カフェ、これからまた観光名所として復活するのでしょうか?

ひと押ししてBlogランキングにご協力を
ranking001.gif

この記事のトラックバック

この記事のコメント一覧

ハンガリー娘 | 2006/5/13 21:14

ヨーナポト!
素敵なところですね。
こういう素敵なところでは、まだまだ、
ゆったりできない私です。
とほほっ ( ̄_ ̄|||)
日本に帰国する前に、お洒落なところで、
お茶したいものです。

Szagami(さがみ) | 2006/5/17 19:03

ハンガリー娘さん:
遅レス、済みません。
以前は本当に観光客ばかりでざわざわして落ち着かなかったのですが、今度はどんな雰囲気になるのでしょうね。トイレがある中二階の通路なんかも凄く手が込んだデコレーションで、ほぉーなんて感心しているとトイレに用事があったことを忘れてしまうほどでした。お茶をしに行ったらまたレポートしますね。

コメント投稿欄

< ドパルデュー、ブドウ畑をまた購入? | トップに戻る |