デモ、その後

三日続けて警官隊とデモ隊との衝突がありましたが、昨晩は衝突もなく落ち着いてきております。

その後、デモの様子を撮った写真から破壊行為、暴力行為をした者を割り出し、100以上の逮捕者を出したためでしょうか、先鋭的な者達の動きは収まったようです。

まあ結局のところ、事に乗じてスキンヘッズやフーリガン等の類と生活に不満がたまっている者たちが暴れただけと見たほうがいいでしょう。

ちょうど今年はハンガリー動乱から50年目に当たるため、このときのことと重ね合わせるむきがありますが、ちょっと無理があります。

例の首相の失言テープがリークされたのも地方選挙前ですし。

与党より、野党よりのメディアの集計でも首相退陣を望む割合が精々4-5割程度ですから。

つまり与党支持者全員が首相退陣に反対し、野党支持者全員が首相退陣に賛成すればでてくる集計結果ですから、特に驚くに値しないですしね。

与党支持者からかなりの数の首相退陣賛成の声が上がらなければ、本当の“デモ”は起きませんって。

まあ“まじめに”デモをしている人たちは国会議事堂前に徐々に増え始め、首相退陣まで頑張る様子。

地方からのデモ隊へ差し入れや炊き出しが行われ、長期戦を覚悟しているのでテントも建てられています。

あとMTV周辺ですが、車の通行止めは相変わらず行われていますが、人の移動は以前同様に自由になりました。

まあそれでも夜は予測不能のことが起こる可能性がありますので、4、6番の路面電車、国会議事堂への足である2番路面電車、地下鉄のM2は避けた方がいいでしょう。

でもタクシーなら夜でも安全!とも思わないで。

タクシーの運ちゃん曰く、裏道を通って環状道路へ出たら武装警官とデモ隊が睨み合っているど真ん中で出てしまってびびったといってましたので・・・


↑急ピッチで修復が進むMTV正面玄関

↑一部が破壊され、落書きがされた旧ソ連開放碑。落書きだけは綺麗に消されてされていた。

↑人が集るところに出店あり、商魂逞しく国会議事堂前のデモ隊の前にも

↑デモに向かう人々

↑外国メディアの中継車も長期戦で張り付く

↑デモ隊も負けじと長期戦覚悟でテントを用意

↑昼間のデモ隊の様子

↑地方から駆り出された警官隊も昼間は英気を養う
最近写真ばかりだぞ、と思ったら一押しを
ranking001.gif

この記事のトラックバック

この記事のコメント一覧

二藤すずこ | 2006/10/8 02:12

きょうハンガリーから帰ってきました。
国会議事堂の前に行き、中に入らせてもらおうと
思っても団体ツアーしかだめで入らせてもらえませんでした
軍隊の人が見張っていて、結構、緊張感がありました

Szagami(さがみ) | 2006/10/9 17:51

二藤すずこさん:
地方選挙が終わってからもまだ首相辞任要求のためのデモが続いていますね。
恐らく選挙後、野党が大規模なデモを呼びかけた日に国会議事堂に行かれたのかもしれませんね。

コメント投稿欄

< 首相退陣デモ | トップに戻る |