最高のシナリオ・ワイン祭り

6日から始まったハンガリー最大のワイン祭り。

王宮周辺で行われるためお祭りのチケットを購入しないとこの期間(6-10日)、観光客は世界遺産の一部に足を踏み入れることができません。

ブダペスト観光の目玉の一つ、ナショナル・ギャラリーもだめ・・・ワインに興味のない方にとってはなんとも理不尽な。

世界遺産レンタルで非難が巻き起こるプラハとは大違い。

でもワイン好きには細かいことはどうでもいいのです、取り合えず美味しい一杯が飲めれば。

昨日金曜日、暗雲たちこめる中、週末の混雑を避けるようにお祭りが開催されている王宮へ向かいます。

行く手を阻む容赦のない雨が降り始め、お祭りに向かう足を止めようと神が試されているかのよう。

しかし、信じる者は救われる・・・ファティマの奇跡が起こり会場内に入ってからは一度も傘を開くことがありませんでした。


さて入場料(2000フォリント)を支払うと腕に巻くチケット、ワイングラス、グラスホルダーをもらえます。

↑チケット

ワイングラスとグラスホルダー(首から掛けます)

試飲・屋台での食事やチーズなどは“一応”チケットでの支払い。

一枚80フォリント・800フォリントのチケットが会場内のインフォメーション・ブース等で購入。

800フォリントのチケットで支払ってもおつりは80フォリントのチケットで返してくれます。

一杯の目安ですが、100mlで安い白ワインだと1-2枚、赤のクオリティワインで4-10枚、トカイワインの貴腐物だと50mlで4-20枚。

ちょっと幅がありすぎて目安になりませんが・・・

まあ200の蔵元が出展しているだけあって、目的を決めないとどのワインを飲もうか選択するのも大変。



体調に合わせて上手に飲んで食べて蔵元の方々とお喋りをすれば日が暮れるのも忘れてしまうほど。

夜の11時まで開催されていますのでこの週末、ワイン漬けになってみては?
ハンガリーワインを飲みたくなったら一押しを
ranking001.gif

この記事のトラックバック

この記事のコメント一覧

コメント投稿欄

< 秋風2・カゲロウ編 | トップに戻る |